宮崎市内で運転免許を取得するなら、宮崎ドライビングスクール!!

スタッフの声

入社してから指導員になるために、1年ほど生徒さんの送迎をしながら勉強をしていました。
勉強の末、教習指導員の資格を取得したのですが、6年間働いてみて感じたことは「いかに自分の
運転がへたくそだったのか」ということ。本当の”安全運転”とは何か。生徒さんに教習をしながら、
自分の成長もひしひしと感じています。学生さんの長期休みの期間が一番の繁忙期。
それ以外の期間は何をしているかというと、コースの草刈りをしたり、ペンキを塗り直したり。
こういう小さい仕事も社会の交通安全に役立つのだと思うと、ついつい力が入りますね。

私は高校卒業前に自動車免許をとりました。その時の女性教習指導員がとてもかっこよく、
「私もこんな風になりたいなぁ」と漠然と考えていました。高校を卒業して他の会社の業務職で
働いていたのですが、じっとしているのが苦手で…。仕事を探す時に思い浮かんだのが、
あの女性教習指導員でした。そこから宮ドラに入るまでが早かったです。
資格取得支援体制も整っているし、周りの先輩がしっかりサポートをしてくれるので、
安心して働けています。宮ドラ初の女性教習指導員になるため、今は事務員として働きながら、
指導員としての勉強も頑張ります!!

宮ドラは卒業された沢山の生徒さんが遊びに来てくれます。その理由は、やはり”学校の雰囲気の
良さ”だと思います。事務員も窓口対応をするのですが、気をつけていることは”気にかけること”。
「進み具合はどう?」とか声をかけているうちに、次に会った時は生徒さんから話しかけてくれる
んです。生徒さんと学校の信頼関係は、指導員だけではなく事務員も一緒に築き上げていくものだと
思っています。宮ドラは事務員として”運転免許”というとても大切なものに関わる緊張感を持ち
ながらも、生徒さんと関われる喜びを感じ生き生きと働ける職場なんです。

ページトップ